大事な荷物を運んでもらうには引越し業者をじっくり比較しよう

男の人

複数の業者に見積もり依頼

女の人

引越し費用を安くする方法

単身引っ越しする場合は荷物の量が少ないので、必ずしも引越し業者を利用する必要はありません。特に長距離離れた遠方に引っ越す場合は、家具家電を送るよりも引っ越し先で購入した場合が安い場合があるので、自分の状況を踏まえていろいろなパターンを考える必要があります。単身引っ越しの場合は荷物が少ないので、宅配便で済ませることもできます。引越し業者には単身引っ越し用の単身パックが用意されていますが、ベッドやタンスを運ぶ場合は単身パックを利用することができないので、始めから単身パックに絞って考えないように注意しましょう。まずは複数の引越し業者に見積もりを依頼して、料金を比較してから業者を選ぶようにしましょう。

自分で荷造りした方がお得

単身引っ越しは荷物が少ないので、自分で荷造りすれば費用を安く抑えることができます。引越し業者に荷造りをすべて依頼することもできますが、その場合は費用が高くついてしまうので、自分で荷造りした方が効率的かつ経済的です。自分で荷造りする際のダンボールは、業者からもらうよりも自分で調達した方が安心です。無料でダンボールを提供してくれる業者もありますが、その場合はあとで梱包資材として基本料金に含まれている場合があるので注意が必要です。ダンボールはスーパーやコンビニなどで無料でもらうことができるので、なるべく自分で調達するようにしましょう。ダンボールがいらないことを業者に伝えれば、費用を安くしてもらえる場合もあります。